福島県いわき市にある歯科医院 城東歯科クリニック 口腔外科 インプラント 矯正歯科 予防歯科

技術は嘘をつかない 最後に患者様を助けるのは「診断力」と「技術力」
  • トップページ
  • ごあいさつ
  • スタッフ紹介
  • 院内ツアー
  • 患者様の声 - 一般歯科
  • アクセス・地図

難治療の症例

インプラント難治療

インプラント 難治療 ① ~他院で骨がないので出来ないと言われたケース~

K.T様(いわき市・60代/女性)

インプラント難症例①写真
《初診時の状態》
・義歯を入れても痛くて咬めず、
他院でインプラント相談をしても
「骨がないので無理!」と言われて、
インプラント難症例ができる医院を探して知人紹介で当院に来院。

《通常であれば》
・顎骨が極端に吸収し(写真①黄色の丸)、痛くても我慢して義歯を入れざるを得ない状況。

《城東歯科の治療方針》
①手術によって骨・粘膜を増やす
②仮歯でしばらく歯ぐきの形態が安定するのを待つ(インプラントができる環境をつくる)
③インプラント埋入

《治療後の様子》
・(写真②)途中経過の骨・粘膜を増やして歯ぐきが安定した状態。骨を増やしたことで全体的に歯ぐきが上がり、さらに黄色の丸の通り、歯を入れた後にすき間ができないように形態を整えた
・(写真③)インプラント埋入後の写真。歯ぐきの形態を整えたことにより、すき間がなく汚れが溜まりにくい状態(黄色の三角)。日常のブラッシングも歯間ブラシなど必要がないレベル。

これらのことにより、インプラントの
長期安定が見込める結果となった。
現在もメンテナンスで来院中だが、経過はとても良好である。

インプラント 難治療 ② ~正しい位置に正しくインプラントを埋入する~

C.N様(いわき市・40代/女性)

インプラント 難治療 ②写真
《初診時の状態》
・右上小臼歯が先天的に欠如しており、そこにインプラントを希望(写真①)。
口腔外科医によるインプラントを求めて、当院に来院。

《城東歯科の治療方針》
①CT撮影を行い、血管・神経の箇所や骨量を診断してインプラント方針を決める
②正しい位置にインプラントを埋入
③歯ぐきの形態を整える

《治療後の様子》
・CT撮影をして、頬舌的にも垂直的にも骨量は十分に認められ、カムログ社製インプラント直径3,8mm、長さ11,0mmを埋入する計画。
・模型上でインプラント埋入のシミュレーションを行い(写真②左)、その後実際にインプラントを埋入(写真②右)。
比較してもほぼ完璧に同じ場所であることが確認できる。

歯ぐきの形状も自然で天然歯との見分けがつかないレベルである(写真③)。

現在、2年経過しているが予後も良好で定期的にメンテナンスに通院中。

インプラント 難治療 ③ ~若くても抜歯後放置して骨がないケース~

S.A様(いわき市・30代/男性)

インプラント 難治療 ③写真
《初診時の状態》
他院でインプラントを勧められたが、説明に納得がいかず当院に来院。

《通常であれば》
・抜歯後に放置していたために、顎骨が吸収され(写真①黄色の点線)、骨造成をするなどのインプラント技術に対応していない歯科医師では危険なケース。

《城東歯科の治療方針》
①骨造成をしてインプラントできる状態にする
②歯ぐきの形態を整える
③インプラント埋入

《治療後の様子》
人工骨剤を入れて、メンブレン(人工皮膜。写真②の黄色の四角)を被せて、3ヶ月間そのままの状態にして骨造成する。
・治療完了後(写真③)。歯ぐきの高さも自然な状態まで回復し、かぶせ物の間にすき間もない状態となっていることが確認できる。

現在、該当箇所のメンテナンスとは別に、他の欠損部位(右上)にもインプラントを希望され、インプラント埋入。

インプラント 難治療 ④ ~インプラントが折れてグラグラになったケース~

K.T様(いわき市・50代/女性)

インプラント 難治療 ④写真
《初診時の状態》
前の歯科で入れたインプラントがグラグラするのでネジを締めてほしいとのことで、知人の紹介から当院に来院。

《通常であれば》
・大学病院に紹介。

《城東歯科の治療方針》
①CT撮影で破折していることを確認
②インプラントを摘出後、骨を増やして再度埋入。

《治療後の様子》
インプラントがグラグラする原因は、緩んでいるのではなく、中でインプラントが破折していたことが原因であることがCT撮影で確認できた。(写真①)
・なお、破折の原因は、歯茎に対してインプラント本体が細く短いものを使っていたからであった。
・患者から「その前のインプラントも形状が悪いので変えてほしい」との依頼があり、計2本のインプラントのやり替えを行う。
・骨の状態が細くて高さも足りなかったので、骨造成を施す。(写真②)
・骨が増えたことを確認し、インプラントを埋入。歯ぐきの形態もほぼ回復した状態となった。(写真③)
・現在、咬み合わせ並びに歯ぐきの安定化のチェックを行っており、今後最終的なかぶせ物を装着する予定。

外科処置難症例

移植難治療 ① ~他院で抜歯してインプラントと言われたケース~

N.M様(いわき市・30代/女性)

移植難治療①写真
《初診時の状態》
・奥歯が咬むと痛いとのことで、
他院では「この歯はもう救えないので、抜歯してインプラント」と言われて、
何院か探される中で知人の紹介で当院に来院。

《通常であれば》
・(写真①)歯が割れているので、通常なら抜歯せざるを得ない状態。その後は、インプラントかブリッジを選択するのが通常。

《城東歯科の治療方針》
①幸いにも親知らずがあったために、それを有効利用
②今の歯(破折歯)は抜歯
③親知らずを移植してかぶせる

《治療後の様子》
・破折歯は抜歯して、即日で親知らずを90度ずらして移植(写真②)
糸でしっかり固定し、生着させる
・2~3週間で生着できたことを確認の上、メタルクラウンを装着して治療完了(写真③)。レントゲン写真でも生着していることが確認できる。

現在、2年経過しているが予後も良好でメンテナンスで通院中である。

歯牙移植術

歯牙移植術レントゲン
左下(写真では向かって右下)奥から2番目の歯が、内部で破折し、保存不可能の状態でした。
歯牙移植術写真
抜歯して右上の親しらずを下へ移植。
歯牙移植術写真術後
術後。
歯牙移植術レントゲン2週間後
移植後約2週間の写真
歯牙移植術一か月後
移植後約1ケ月 違和感なく正常に口腔内で機能しています。

歯牙再植

歯牙再植写真
14歳の中学生です。体育の授業中転倒し、顔面を床に強打し、歯が脱臼してしまいました。
歯牙再植写真脱臼
学校の先生から連絡を受け、脱臼した歯牙を生理食塩水若しくは牛乳に浸し、直ちに来院してもらいました。
歯牙再植写真暫間固定後
暫間固定後(処置後30分)
歯牙再植写真暫間固定後一ヶ月後
受傷後約1ケ月、以前のように元通りになりました。

歯の根の治療 難治療 ① ~歯肉の腫れ・疼痛から他院で治療したが悪化したケース~

M.K様(いわき市・20代/男性)

歯の根の治療 難治療 ①写真
《初診時の状態》
・前歯の痛みと歯ぐきの腫れから他院で治療を受けたが、拍動痛が続き、痛みが悪化し夜も眠れない事もあり、当院に来院。

《通常であれば》
・前院で根の管を逸脱して痛みが出たことから、通常ならば抜歯

《城東歯科の治療方針》
①CT撮影で歯根に大きな膿を発見
②歯ぐきを切開して膿を摘出
③人工骨剤を入れて骨を増やす

《治療後の様子》
・歯ぐきを切開して膿を摘出(写真②左)して、その後、人工骨剤を患部に封入(写真②右)。
・縫合して6ヶ月様子をみる。CT撮影をしても骨が出来ており(写真③左)、また歯ぐきも元の綺麗な状態に回復していることが確認できる(写真③右)。

現在、患部以外のむし歯治療も行っているが、良好な状態で今後メンテナンスに移行する予定。

舌小帯短縮症 治療 ① ~舌足らずであかんベーが出来ない子どものケース~

T.M様(いわき市・0~9歳/男性)

舌小帯短縮症 治療 ①写真
《初診時の状態》
・舌足らずで上手に喋れず(特にサ行とラ行)、学校検診で指摘されて、当院を受診。

《城東歯科の治療方針》
①痛みの少ない麻酔をかける
②舌小帯を切除し縫合
③1週間後、抜糸して治療完了

《治療後の様子》
・舌足らずの原因は明確(写真①)なので、親御さんに治療方針を説明して、即日で舌小帯を切除。
・切除箇所を縫合して1週間様子をみる
(写真②)
・1週間後、来院して痛みも違和感もない状態で発音もしやすくなった。子どもも治療後も痛みも訴えずに問題なかったとのこと。

外科処置難症例 ~歯ぐきの腫れと変色を改善したケース~

Z.S様(いわき市・50代/女性)

外科処置難症例 写真
《初診時の状態》
・歯ぐきの腫れと黒ずみを気にされて、
来院。

《通常であれば》
・何もせずに様子見か、ブラッシング指導をして様子見。

《城東歯科の治療方針》
①歯ぐきを切開して、骨成形をする
②本来の骨と歯ぐきの形態にしてから、
仮歯を装着して経過観察
③異常がないことを確認して最終のかぶせ物を装着

《治療後の様子》
・歯肉切開してみると、かぶせ物の境界が骨のすぐ上まで及び、その結果、歯肉が腫れやすい形態となっていたために、骨成形を施す。(写真②)
・仮歯を装着して経過観察後、特に異常がなかったため、最終のかぶせ物を装着して完了した。(写真③)
・歯肉の腫れや変色も明らかに改善し、予後も良好。

外科処置難症例 ~事故で前歯が破折したケース~

K.S様(いわき市・40代/女性)

外科処置難症例 写真
《初診時の状態》
・事故で前歯を喪失し、来院。

《通常であれば》
・ブリッジ装着になるが、喪失部の歯ぐきが大きく凹むため、汚れが溜まったり、審美的にも問題がある。

《城東歯科の治療方針》
①骨造成をしてボリュームを増やし、
歯ぐきの形態を整える
②ブリッジ装着(早く処置をしたいとの希望より)

《治療後の様子》
人工骨剤を入れて、メンブレン(人工皮膜。写真②の黄色の四角)を被せて、1ヶ月間そのままの状態にして骨造成する。
・ブリッジ装着後の写真(写真③)。ブリッジと歯ぐきの間のすき間がほとんどなく、見た目としても分からないレベルまで回復。
・現在も定期的なメンテナンスで、予後も良好。

舌の腫瘍切除 難治療 ①

T.M様(宇都宮市・50代/女性)

舌の腫瘍切除 難治療 写真
《初診時の状態》
・数年前より舌先の膨らみが気になっていて来院。

《城東歯科の治療方針》
①視診にて良性か悪性かを診断。
②明らかに良性と診断できたため、腫瘍を切除。
③念のため、切除部を病理検査し、良性と最終確定。

《治療後の様子》
・切除後も特に問題はなく、再発はみられない。
悪性腫瘍のケース
※良性腫瘍と診断される場合は可能な範囲で当院での処置は可能です。
悪性所見を疑われる場合は、最初に病理検査を行い、その後大学病院や総合病院に速やかに紹介致します。

審美難症例(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)難治療 ① ~通常の矯正をしてもバランスが取れないケース~

I.S様(いわき市・20代/男性)

空隙歯列 (すきっ歯) 難治療 ①写真
《初診時の状態》
・前歯のすきっ歯を何とかしたいと来院。

《通常であれば》
・矯正ですき間を埋めようとすると、今度は隣りの歯にすき間ができる。また内側に矯正して狭めようとすると、下の歯との噛み合わせに狂いが生じるため、矯正治療自体が難しいケース。

《城東歯科の治療方針》
・前歯4本にセラミックをかぶせる

《治療後の様子》
・前歯4本のセラミックのかぶせをするために必要最小限に削り、色調を他の歯に合わせる(写真②)
・仮歯で半年間歯ぐきの形態を整える期間を置く。
・治療完了後(写真③)。歯ぐきとかぶせ物の間にすき間もなく、自然な状態となっていることが確認できる。

矯正治療 ① ~乳歯の受け口(反対咬合)の矯正ケース~

S.R様(いわき市・10代/女性)

矯正治療 写真
《初診時の状態》
・前歯の咬み合わせが受け口で逆(反対咬合)のため来院。

《城東歯科の治療方針》
・前歯4本にブラケットを付けて、定期的なチェック。

《治療後の様子》
・①から②にかけて約2年半。その間に、乳歯が永久歯に生え変わることも計算に入れて、矯正装置を作成。
・治療後は、受け口も改善し、正常な咬み合わせを実現。

患者様の声

患者様の声
当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。
ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

料金体系

料金体系に関しては、価格表をご参照ください。