福島県いわき市にある歯科医院 城東歯科クリニック 口腔外科 インプラント 矯正歯科 予防歯科

技術は嘘をつかない 最後に患者様を助けるのは「診断力」と「技術力」
  • トップページ
  • ごあいさつ
  • スタッフ紹介
  • 院内ツアー
  • 患者様の声 - 一般歯科
  • アクセス・地図

矯正歯科

矯正歯科治療について

矯正歯科治療について

1楽しく、おしゃべりしたり、親しい人と食事をしたり、笑ったり。 人が人らしく生活する上で、口が果たす役目は大きいもの、乱れた歯並びや顎のズレは 体の健康や自分の内面にも大きく影響します、もう一度自分の口元から見直してみませんか。 ここ数年感じることは矯正を必要とするお子さんが大変多い事です。 歯列不正(悪い歯並び)顎のズレは成長、発達に大きく影響します。 当院は成人矯正はもちろん、小児矯正、予防歯科、口腔外科処置まで広く対応します。

今現在、その患者さんに
・本当に矯正治療が必要か、もう少し待った方良いのか?
・期間はどれ位かかりそうか。
・どのような装置を入れて費用はどの位かかりそうか等、レントゲン写真、口腔内写真、歯の模型等、用いて細かく分析し説明します。

健康のために

咬みあわせが悪いと、良く咬めない為に、消化不良を起こして胃や腸に負担がかかったり、顎関節症、肩凝り、虫歯の原因になることもあります。

口臭、虫歯予防のために

歯並びが悪いと虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。デコボコした歯並びでは上手く歯ブラシが歯に当たらず、磨き残しが出てしまうからです。 また、虫歯や歯周病は口臭の大きな原因の一つです。矯正治療でそのようなリスクを回避する事ができるのです。

矯正治療の進め方

矯正治療の進め方

矯正治療を開始する時期は?

乳歯から永久歯に生え変わる6~12才頃と言われています。 咬みあわせの状態により、矯正を始める最適な時期が、個人によって異なるからです。 歯と骨の状態が良ければ、大人になってからでも遅くはありません。
成長期の咬合異常は発育にも大きな影響を及ぼし、顎の変形つまり、顔貌に変化をきたします。成長期に適正な矯正治療や咬合誘導治療を受けなかった為に成人になってから、外科矯正が必要になる方もいます。外科矯正とは、全身麻酔で顎の骨を切断して切断して位置を変えたり、顎の骨を部分的に切除する大掛かりなものです。この場合総合病院、大学病院を紹介致します。

メタルタイプ

メタルタイプ
もっとも一般的な矯正装置です、金属で出来ているので丈夫です。 最近では、装置自体が小さくなっているので目立たなくなっています。

クリアタイプ

クリアタイプ
ワイヤーは金属ですが、ブラケット部がホワイトで、歯になじみ通常のメタルタイプ よりも目立ちにくくなっています。 ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

セラミックタイプ

セラミックタイプ
セラミック素材で出来ているので耐久性、審美性に優れています。 見た目がきれいなので女性に人気の矯正装置です。

矯正歯科治療の流れ

STEP1 初期診断(カウンセリング)

お口を拝見し、矯正治療の概略や可能性についてご説明します。納得のいくまで、ご相談ください。
STEP2 精密検査

より詳しい情報を知るための検査として、 診断に必要な歯の型、顔や口の中の写真、レントゲン写真、 その他の診断用資料の検査を行います。 
STEP3 診断

検査結果をもとに治療プランを詳細にお話いたします。患者様に十分なご説明をさせていただき、 患者様のご希望をお聞きした上で適切な治療方針を決めていきます。 診断の結果にご納得頂いた上で受診されるかどうかをご判断いただきます。
STEP4 装置装着

一般的に初めの数回は装置を取り付けるため、 少なくとも60分~120分ほどのお時間をお取りしています。
STEP5 治療開始

治療の内容によりますが、(症例の内容や個人によって異なりますが、成人の場合1.5-2.5年かかります)その後の調節は、ほとんどが30~50分程度となります。 通常は3~6週間に1回のペ-スで通院 が必要と、2~6ヶ月に一回通院していただきます。
STEP6 保定治療

装置が取れた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いてしまいます。動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで、保定装置を装着します。通院は2~6ヶ月に1回となります。

矯正歯科治療例

CASE1

反対咬合(受け口)が完全に改善
矯正歯科治療例

CASE2

前歯の歯列不正を主訴に来院。
スペース不足で間から4番目を抜歯して現在スペースを閉鎖中
矯正歯科治療例

CASE3

前歯の歯列不正を主訴に来院。
スペース不足で間から4番目を抜歯して現在スペースを閉鎖中
矯正歯科治療例

CASE4

矯正歯科治療例

CASE5

主訴:受け口、反対咬合、顎のズレ
矯正歯科治療例
取り外し可能な装置によりここまで改善

CASE6

前歯の咬みあわせが逆
矯正歯科治療例

CASE7

下顎のズレ
矯正歯科治療例

マウスピース

マウスピース
個人によってどの位、咬み合わせを適正な咬み合わせを調整しないと、ただの凶器になってしまいます。
患者さんにとって、どこが最もバランスの良い咬み合わせか、精密な検査を行いながら調整していきます。
その結果、“記録が良くなった”“体が柔軟になった”等の報告が多く寄せられています。

患者様の声

患者様の声
当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。
ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

良心価格の矯正歯科

※自費治療については、クレジットでのお支払も可能です。
※自費治療については、クレジットでのお支払も可能です。
(税別)
子供の矯正
初診相談料
無料
検査診断料
10,000円
矯正治療料(装置+治療)
150,000円~200,000円
※200,000円以上はかかりません
調整料
1,000円 〜 3,000円
(使用装置により変動)
保定料
30,000円
※ワイヤーが破折の場合は、別途費用(5,000~10,000円)がかかります
(税別)
大人の矯正
初診相談料
無料
検査診断料
30,000円
矯正治療料(①~③のいずれか)① メタルブラケット
400,000円
② クリアブラケット
500,000円
③ 部分矯正(MTM)
100,000円
調整料
2,000円
保定料
30,000円

また、難しい症例に対しても、大学病院との連携によって、より精密な診断のもと確かな矯正治療を行うことができます。