福島県いわき市にある歯科医院 城東歯科クリニック 口腔外科 インプラント 矯正歯科 予防歯科

技術は嘘をつかない 最後に患者様を助けるのは「診断力」と「技術力」
  • トップページ
  • ごあいさつ
  • スタッフ紹介
  • 院内ツアー
  • 患者様の声 - 一般歯科
  • アクセス・地図

歯が痛い・しみる

虫歯の原因

虫歯の原因
むし歯の原因は糖分です。
私達が食事をした時、歯の間に残った物の糖分を素に虫歯菌は増殖し、細菌を巻き込みながら歯面にくっついていきます。これが歯垢(プラーク)です。
歯垢の中の虫歯菌は糖質を分解し酸を作り出し、歯が溶けて虫歯になります。

むし歯の進行

C0(要観察歯)
C0(要観察歯)

初期むし歯とも呼ばれます。歯の表面が白くにごってくすんで見える状態です。まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯に進行してしまいます。
歯に穴は開いておらず、痛みなどの症状はありません。
C1
C1

歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、穴の開いた部分が茶色又は黒色に変色します。
C2
C2

象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
この段階まで進行した虫歯は一気に進行が広がるので注意が必要です。
C3
C3

むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。
状態によっては治療期間も長引きます。
C4
C4

歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、炎症がまわりに広がっていきます。

むし歯の予防策

むし歯の予防策
むし歯の予防策で一番大切な事は、日々の歯磨きです。
いくらむし歯を治療しても歯ブラシをしなかったり不十分だと、むし歯はできてしまいます。
効果的な歯磨きの方法も患者さんの歯によって違うので一度当院でブラッシング指導を受けて頂くのが一番です。
歯の部位ごとの歯磨き方法や使う歯ブラシの位置等を、詳しくお教え致しますのでお気軽にお声をかけて下さい。

定期的な健診でむし歯の予防強化

定期的な健診でむし歯の予防強化
毎日ブラッシングをしても日々忙しい生活をしていると磨き残しが出てしまう事があります。
そんな磨き残しが積み重なると歯垢が歯と歯茎の間に固まり歯石が出来ます。
この状態を気づかずほっておくと虫歯や歯周病になってしまします。
当院は定期健診で歯や詰め物等の状態を確認してむし歯予防や歯周病予防に努めています。

知覚過敏とは

歯の構造
冷たいものや熱いものを口に入れるとしみる、という経験は日本人の3人に1人はあるとの事です。
これが知覚過敏の症状で、温度の高低で一時的に痛みが伴う症状です。
原因としてはエナメル質が削れて薄くなり熱が神経に刺激を与える事が挙げられます。
原因解明と計画的な治療を行う必要があります。

知覚過敏の原因

間違ったブラッシング

ブラッシングをする際歯ブラシの動かす方向の間違い、力の入れ過ぎ、長い時間のブラッシングを長期間する事で歯の表面(エナメル質)が削れてしまい、知覚過敏が起きる原因となります。
また歯磨き粉に研磨剤が含まれていると、その影響で歯面に傷がついてしまう場合もあります。

歯ぎしり

歯ぎしり
寝てる間の歯ぎしりは歯に負担をかけるだけではなく、摩擦で歯を削ってしまい知覚過敏を引き起こすことがあります。
歯ぎしりの原因は【ストレス・不安・疲れ】があります。
そんな方にはナイトガード(歯ぎしり専用マウスピース)を付けて寝て頂くと歯を摩擦から守り、知覚過敏予防になります。

噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪い
噛み合わせが悪いと食事などで凸面の歯が他の歯より、摩擦や衝撃を受け歯面が薄くなることが原因で知覚過敏になります。
また、歯並びが悪いと歯垢が溜まりやすく、むし歯になりやすいリスクなどもありますので、早期治療をお勧めします。

歯周病

歯周病
歯周病の患者さんは歯肉が後退してしまい象牙質が露出しやすく知覚過敏になり易いと言えます。
歯周病はタバコを吸う方がなり易く、最近の研究結果では妊婦さんが歯周病になっていると、虫歯菌が血液に入り胎児に悪影響を及ぼす事や、心筋梗塞の原因の一つとも言われています。

むし歯

むし歯
むし歯になると歯の表面から徐々に溶かされて歯面が薄くなり神経に刺激が伝わりやすくなります。